江里口吉雄相続士事務所は相続・不動産・住宅のプロフェッショナルです。各専門家をネットワークする相続スペシャリスト。
お客様の問題を多角的にサポートし解決いたします。

メディア取材

日経スペシャル「ガイアの夜明け」 7月27日放送 第427回

骨肉の争いを避ける術 〜いま知っておきたい“相続”〜
相続をめぐるトラブルが増えている。家庭裁判所に持ち込まれる相続の相談は年間16万件。この10年で2倍になった。なぜ今、“相続争い”なのか?長引く不況でサラリーマンの所得が厳しい中、親の遺産に期待する人が増えている。分割しづらい自宅(不動産)をどう扱い、現金化するかで兄弟姉妹間の意見が対立する場合や、親の介護で苦労した人が遺産相続の場面になって「もっと多くもらえるのでは?」と憤るケースが多いという。一方で「会社の相続」にも問題が…。全国の中小企業で、「後継者不足」を理由に廃業した会社が、約7万社。一番の原因は、会社を引き継ぐ際のリスクだ。中小企業は、銀行からお金を借り入れる際、社長個人が連帯保証人になり、自宅を担保にするよう求められる。つまり、会社の経営が悪化すると、社長がその責任を個人的に背負わされる。そうした自己破産のリスクを負って社長になる気概は、後継者は持てないというわけだ。個人も、企業も決して他人事ではない“相続”。その実態を取材し、相続にビジネスチャンスを見出す企業の新たな取り組みを追う。

トップページプライバシーポリシー特定商法に基づく表記ご相談・お問い合わせ
Copyright© ERIGUCHI PF OFFICE. All Rights Reserved.